旅行業界を知る

日本人の多くの方が好きだと思われる旅行。ですがそんな旅行に出かけることが減少していると言われています。もちろん不景気が長く続いている経済事情のためこれまで会社が行っていた行事である慰安旅行の数は激減しています。多くの業種の方々の収益が圧迫しているので、これは致し方がないと言えます。ですがこれだけではなく実は修学旅行の件数も減少の一途を辿っています。この減少の理由に少子化問題があります。現在日本国内の学校において生徒の数が減少しており、他校と合同で修学旅行を執り行う学校が出て来ました。そのため全国辺りの修学旅行件数が自然減少しているというわけです。

実は慰安旅行などの会社の行事と修学旅行というのは旅行業界にとって大きな収益を見込めるイベントでした。そのため旅行会社は個人旅行へとターゲットをシフトせざるを得ない格好となっています。ですがこの個人旅行もインターネットの普及により打撃を受けています。以前ですと旅行会社の販売しているパッケージツアーで旅行に行くのが通例だったのですが、インターネットによる直接交渉が簡易的となりました。そのため旅行会社を通さずに移動手段や宿泊施設を手配することとなり、それらの代理販売による手数料が収益源だった旅行会社は増益を見込めなくなりました。

また現在の旅行業界市場においてもっともシェアを広げているのが格安旅行会社です。そのため市場に出回っている価格が下落し、それに追随する形で大手旅行会社も値下げを敢行するしかありませんでした。このように、旅行業界とは一見華やかなように見えますが、どの業種でも同じような課題を抱えています。ですからといって旅行業界の先行きが真っ暗というわけではなく、市場自体は一定推移を保っています。問題はどうその市場を制することか、これが旅行会社にとって科せられた課題です。